04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: --

モデルライフ 時間差版スタート 

連載中の「モデルライフ」はメインステージをWebサイト「Rails Americana」に移しておりますが、何かのきっかけで当ブログの方に辿り着いて頂く、未知の読者の方もいらっしゃるかと思いなおしました。

"時間差版"として、当ブログの方にも旧記事を掲載して行きたいと思います。何分"時間差版"のため、季節外れな文言も多々登場しますが、ご容赦ください。

_DSC0468_s.jpg


自転車で走っていると、寒さの中にチラッと春の香りを感じる瞬間が現れ始めました。

今週前半は、昨年末に米国のなじみの模型店のweb.カタログで偶然見つけて、信じられないような価格で入手した中古の0-10-0を正月以来、少しずつ調整と化粧直ししていたのを一気に仕上げました。その顛末は近く、web.版Rails Americanaに書きますが、昨年来、このように投売りされている初期韓国製ブラスモデルをレストアして快調機に大化けさせるのにもハマっています。

レイアウトD&GRNの方は、丘の上の石油井戸とその麓の街道が一応まとまってみると、その手前、これも30年前から作り掛けで放置してあったHOn3の小型機関庫を仕上げたくなりました。

この庫は数週間前、皆様に石油井戸の丘の工事着工をご報告した写真で手前に写りこんでいたと思います。

クレメンタイン支線の途中駅、ジェッツウエルはチコサン・ヴァレー木材会社の専用鉄道の分岐点ですが、同時に3フィート・ナロー線とスタンダード・ゲージの積み替えジャンクションにもなっています。そして、ナロー線の先はアスペン砂利会社の専用鉄道につながっていて、その砂利採り線が河岸段丘を切り割って川原へ降りています。

中学3年から鉄道写真を撮り始めた私が最初に熱中した被写体は私鉄、専用鉄道にかろうじて残っていた古典蒸機でした。そのバイブルとなったのが臼井茂信氏の「国鉄蒸気機関車小史」で、そこには明示5年以来の輸入蒸機の経歴が形式ごとに書かれており、それぞれの文末には「No.xxxは○○会社の専用鉄道に譲渡されています。」という紹介が書いてありました。

記述は当時でもやや古くなっており、実際にはすでに存在しないものが多かったのですが、「東北肥料」とか「日本軽金属」とか「日本炭鉱」とかいう会社名に接しては、「一体どんなところだろう?」、「国鉄からどう分かれていたのだろう?」、と想像を巡らせるだけでも愉しくて仕方がありませんでした。

これは、やはり、私が鉄道模型ではレイアウト造りを主軸に考えており、そこに架空の小鉄道を夢想する事をオーヴァーラップさせていたことと密接につながっていたと思います。

「本線と分かれた専用線を奥へ奥へと辿っていくと、突然小さな木造機関庫が現れて、その前に古典期が静かに煙を上げているのに出会う」というのが、私の大好きな想像なのです。実際にも、今はなき国鉄天北線の小石から出ていた藤田炭鉱宗谷鉱業所の専用鉄道の奥で、雪に半ば埋まった1線の木造機関庫の前に8100が煙を上げているのを見たときには、そこに自分のイメージする鉄道の理想像を見た気がしたものでした。

別途製作中のモジュール「米山鉄道」は、そうした自分の理想像の模型化ですが、レイアウトD&GRNも、私が写したかったシチュエーション、あるいは好みのアングル、の鉄道情景をアメリカ型の世界に仮託しているものです。つまり、私に夢の撮影地がD&GRNなのです。

したがって、当然、「線路を辿って歩いていくと、その先に小さな機関庫が‥」というのも用意されています。それが、この「アスペン砂利会社専用鉄道」なのです。

レイアウトというと、世界的に、運転経路の面白さが第一に考えられるようで、数々のレイアウト解説書籍もその視点で書かれていますが、私の目指すのは、全く違って、本当に情景第一.そこに自分が何時間でも佇んでいたくなるような風景の創出です。

ですから、この機関庫も本線の運転と全く関係なく、ここで小さなシェイを行ったり来たりさせているだけで愉しい独立空間としても考え、それが全体の風景の中にも溶け込んでいるようにする、という風に構想しました。

私が実物を撮り始めたときには、すでにありませんでしたが、昭和30年代半ばごろまでは河川改修や砂利採取の現場でも古典蒸機が使われており、「堤防の上の、小屋同然の粗末な機関庫に‥」という設定も私の夢見る場面の一つ。そこに「流れ流れて、ここに安住の地を見出した1台の小さなシェイが居る」というストーリーを考えたのが、もう30数年前のことです。

その30数年前、このファイン・スケール・ミニチュア社のキット、「ロギング・リペアー・シェッド」が発売になったとき、その隙間だらけのたたずまいに、すぐさま「これだ!1台の小型シェイが息づくのは!」と思い、すぐさま入手しました。

キットは、壁も屋根も、実物どおり、柱やすじかい、梁を先に作って、そこに1枚1枚側板、天井板を張っていく、というもので、キットとしては、このころからフル・インテリアを売り物にするようになったファイン・スケール社が始めた構造と記憶しています。

それで、とりあえず線路とのクリアランス、建物のボリューム感を見たくて、壁だけ作り、これは独立しては置けないほどにはかない構造でしたのでざっと造った地面に固着しましたが、そこで考えたのです。「いま、ここから先を作ると子供に壊される!」

なにしろ、やわな構造の上に、周囲にキャステイングの小物パーツが散乱する、という設定で、それがレイアウトの台枠の縁から30cm程度の近さでは、つぶされるのは目に見えている。そこで中断です。たぶん、実は、飽きたか、キャステイングの山を前に塗装の大変さを思って呆然としたのでしょう。

そこから30年が瞬く間に流れ、その間に次男が生まれ、しかし二人の子供は壊すどころか、寄り付かなくなり、結局、服に引っ掛けて一部を壊したのは自分。子育て終了に孫まで小学校に上がっても、小さな機関庫は建築途中の姿をさらしたまま独り佇んできました。

それが、背後の丘の姿がまとまった途端、突如、再開する気になったのですから、D&GRNの建設には計画など無く、実は気儘に手をつけているだけ、というのがよくわかるのですが、水曜日の朝、作り掛けのまま屋上倉庫の奥に眠っていたキットの箱を発掘するところから、事は始まりました。それにしても30数年中断していたキットの箱が、ちゃんと出てくる、というのはわれながら凄い記憶力ですね。

土曜の夜、キャステイング・パーツを洗浄して黒染め。そして、今日日曜の午後から、説明書を復習し、屋根を作り始めました。これが薄板およそ270枚を切り出して、貼り重ねる、という単調作業。その間に、キャステイング・パーツの中から、とりあえず窓枠と扉だけを塗装して‥

かみさんの「お茶飲まない?」「お汁粉作ったから、さめないうちに食べて」「あと5分で夕食だから片付けて!」「ワイン飲むから付き合いなさいよ」というたびたびの中断命令を乗り越えて9時間。「遂に!」小さな機関庫に屋根が乗り、窓枠と扉が付きました。

さっそく、ガラスケースの中に待たせ続けた小型シェイを取り出して、テスト撮影したのが今日お届けの写真です。背後の丘との風景の重なりが、我ながら、なかなか上手くいっています。別に、そこまで計算して造っているわけではないのに、こうした風景が現れるのも面白いことですね。

それにしても30年ウジウジ考えていて、やれば日曜の午後9時間、というのには愕然としましたね。その一方、何か昔の恋人に出会ったような幸福感に包まれた一日でもありました。このように、たちまちに時空を超えてつながるのですから、鉄道模型は偉大です。

中断のまま放置していた石油井戸の丘からしばらく「工事再開」の連鎖が続きそうです。

最新版は、「レイルズ アメリカーナ」Webサイトをご覧ください。



trackback: 0 | comment: --

「モデルライフ」ステージ移動のご案内 

当ブログ内で連載して参りました「モデルライフ」ですが、こと米国型鉄道模型に関する記述は、新サイト「Rails Americana」の本格始動に伴い、メインステージを移動とさせて頂きます。

当ブログでは今後、日本型の鉄道や日常、ココペリに関する記述が中心となります。当ブログならびに「Rails Americana」を今後ともお引き立てくださいませ。
trackback: 0 | comment: --

[ 

trackback: 0 | comment: --

今週のモデル・ライフ 1月16日号 



「からす猫」の登場でほぼ完成した石油採掘所構内ですが、同時に作り直した丘の斜面とその周辺も一応ざっと仕上げてみました。

色調と植生については最初から明確なプランニングがあったわけではないのですが、頂の石油採掘所を荒地にしたところから繋げていけば「次はこうなるよ、な!」と降りていくうちに「こうなった」というところです。上から裾の河岸段丘へ、地面の色の切り替えも、まず「上手くいったかな」と思っています。

地面の色というのはもっと広範囲で徐々に変わっていくもの、という観念が一般的なのでしょうが、それにこだわっていますと、レイアウトではほとんどの地面が同色にならざるをえなくなり、単調かつ距離感のないものになってしまう、というのが私の見解です。

実際、土や岩が露出した斜面をその気で見ますと、地層ごとに地表の色は結構変化しているもので、加えて、植生も水脈との距離や日照の向き、風通しなどで、その、場所、場所、を好んで育つ種類の取り合わせは変わります。

そうした自然の呼吸を呑み込むには、自然「観察」といわないまでも、「自然体験」が何よりで、私の場合、線路端や、それに続く野山の草むらを、掻き分け、掻き分け、歩いた、若い頃の鉄道写真撮影は活きていると思います。段差60cmなりに、あるいは3mなりに、斜面がどう変わるか、つま先が覚えている。これは大きな助けになっています。「ここは、ズルッと滑りそうな斜面に」とか‥

私のプラスターの盛り付けも削りも、理屈より、「つま先の記憶」が無意識に指示を出している、という感じです。

鉄道写真をやっていなかったら、根っから都会っ子の私には、きっとレイアウトはできなかったでしょう。

「クレメンタイン支線」に沿って、丘の裾を抜ける田舎道は、もう30年前にざっとプラスターを盛り付けておいたものを、ようやく仕上げました。着色した表面に「ウッドランド」の「シーニック・セメント」(ようするに木工ボンドの水溶液に界面活性剤を加えたものです)をたっぷり刷毛塗りし、乾かないうちに「モーリン」の「クラフト サンド」を指先で均等にもみ落とします。この場合、撒く砂はごく微粒であることが大切で、その点、モーリンの「クラフト サンド」は、色の冴えは良くないが、粒子的には要求にぴったりです。この場合、色は次のステップで変わりますから問題はありません。

一度完全に乾かしたら、轍のあとをつけますが、私の常用するのは、仏壇の線香立てに使う桐灰です。これをごく少量ずつ、今度はやや不均等に撒き落としながら、指先で強く擦って伸ばしますと、未舗装道路を車輪が行き来して砂埃が掻き立てられた跡が、それらしく表現できます。目の細かい砂に灰、ですから、接着は不要で、なまじ接着剤を垂らすと
摺った跡が滲んで、せっかくのタッチが消えてしまいます。

この手法は『とれいん』の草創期にアシスタントとして活躍した桟敷正一郎氏の考案によるもので、以来、私が継承しています。桟敷氏は今日、東京で有数の呉服問屋の3代目経営者ですが、いかにも呉服屋らしい、「和の発想」です。アメリカの風景の表現に、こうした和の発想、というのが、やっていても愉快です。

線香立ての灰は当然ながら仏具店で売っています。数百円で入手でき、私も何度か買ってはくるのですが、毎回使うのは微量なうえに、数年に一度しか使わないために、残りがいつもどこかへ行方不明になってしまいます。今回もスプーン2杯程度の必要でしたので、もう新たには買わず、仏壇からスプーンで失敬しました。(ご先祖様、ごめんなさい)

か細い街道ですが、偶然、途中に車1台寄せられる程度、幅の広がった箇所ができましたので、ここにアクセントとして、「ウッドランド」社の人形シリーズから「ピット・ストップ」というセットを用いました。

_DSC0456.jpg


「ドライヴの途中、おしっこを我慢できなくなった坊やに道端で用を足させる間、ママは自分のスカートを拡げて目隠しをしている。パパはトランクのクーラー・ボックスからコーラを取り出して一息」というシーンです。車は街まであと一歩というところまで来ていますので、ここへ停車する以前の車の中では「なんで、さっきのガソリンスタンドで言わなかったの?!もうちょっとがまんできないの?うーん、もう!パパ、停めて、停めて!」というようなやり取りがあったのでしょう。

人形をどこへ使うか、どちらを向けるか、は、まず、こうして会話を想像してみると、自ずと決まってくることが多いです。ある人形がそこに居る必然性はセリフなしには考えられない。どの人形も必ずセリフを持っている‥これが私の人形術の基本理論です。

これに、あとは道路標識と野立て看板、ですか、ね。レイアウトもこうして煮詰めてくると、つぎつぎに、やるべきこと、まだ出来ること、が見えてきます。

trackback: 0 | comment: --

今週のモデル・ライフ 1月15日号 



毎度お付合いを願いまして、恐れ入ります。私の方は、こうして書かしていただくと、文章書きの絶好のウォーミングアップになります。

月刊『とれいん』に書いておりましたときは、一人で書くのが、多い月は2万字を超えることもままありました。そういう頃はそれに何となく慣れていましたが、定期的に書くことがなくなると、いざ何か書こうという時に、どうにも頭が動かないし、気力を振り絞るのがとても辛くなる。プロのスポーツ選手が現役を退くと、途端に凡打さえ打てなくなる、というのが、よく理解できました。

今夜もこれから、明日のJAMの理事会に提出しなければならない事務文書を二つまとめるのですが、別に書いて愉しいものではありませんので、まず皆様へのレポートを書いて、頭にリズムをつけてから、その勢いで片付けようと思います。

先週土曜日、新額堂で買ってきた「夢の種」の中に旋盤、工作台、工具掛け、がありました。これは一つには、先ごろから作っている「石油井戸」の汲み出しポンプ施設に付随する物置のインテリアとして使おう、と考えたものです。

ウオルサーズ製の汲出しポンプ(動力つき)が乗る、櫓つきの土台(LASER KIT社製Glenwood No.2 Oil Derrick)は「櫓を立て、それに吊った掘削ドリルで地中深く掘り進め、油脈を掘り当てたのちは、汲出しポンプに交替させたので、この櫓は、現在は使っていない」という姿なのです。そのため、ドリルで掘削していた当時の動力小屋はそのまま物置になっている、という設定で、扉も閉まった状態でデザインされています。

しかし、どうもそれでは殺風景で、レーザー・カット独特の直線性が際立ってしまいそうなので、何か遊び心を見せられる余地を、と思い、開口部として一番大きい、この物置小屋の扉を開けた状態に作りました。

先週までは「中にはドラム缶でも並べようか」と考えてきたのですが、新額堂の引き出しをあさっていたら、中型の旋盤、工作台、工具掛け、といったキャスティング・パーツを見つけましたので、寸法もちょうど良さそう、「これ、これ!」と、早速「元のウインチ小屋が、いまは汲出しポンプのメインテナンス作業室になっている」という風情に仕立てることにしました。

付属する三つの小屋のうち、手前に向かって開口部が見える二つは、ポンプ周辺とともに、すでに、「さかつうギャラリー」の小型LEDで照明しておきましたので、月曜夜から小屋のインテリア作りに取り掛かりました。(照明はいつも後回しにしては面倒になるので、昨年から「照明はストラクチャーを組む途中で必ず入れてしまうこと!」と自分にきつく申し渡しました)

月曜日はまず、キャスティング・パーツの洗浄と黒染めでした。

私は、こうした小物をきれいに塗り分けるのが大の苦手で、特にディテールの肩の部分の塗料が引いてしまうのがどうにも上手く防げないのです。それで『とれいん』の初期に、黒染めしてみたら、その化学変化でパーツの表面が適度に荒れ、アクリル絵具でさえも上手く乗るようになることを発見したので、以来その手法でやっています。

黒染めも上手く染めるのは、いろいろやってみましたが、やはりパーツの脱脂が肝心で、私は古歯ブラシに中性洗剤の原液を垂らしてゴシゴシやるか、洗剤を溶いた微温湯の中にしばらく浸してから、素の歯ブラシか腰のある古筆で磨きます。

黒染め液はそのままでは、すぐに効力が落ちてきますが、80℃ぐらいに加熱しますと、かなりの年数、真鍮、洋銀、ピューター、ホワイトメタル、ダイキャスト相手にバッチリ効果を発揮します。特に、私の場合、真っ黒に染め上げる事が目的でなく、塗料が引っ掛かりやすくするために、表面をざらつかせれば目的は達するのですから、幾分へたった黒染め液で十分です。

黒染め液を加熱するのは、湯煎が安全です。まず、コンビニで売っているゼリーなどの、半透明ポリ容器(そこそこ耐熱性あり)に洗浄したパーツを入れ、黒染め液をややたっぷり目に入れます。

それを耐熱性のある洗い桶の中に置き、それが浮いても倒れない程度まで、沸騰させた湯を周囲に注ぎます。これで数分から15分程度置けば、ホワイトメタルはもちろん、染まりにくいロストワックス・パーチさえもバッチリ染まります。「錆と油と埃で原色がわからなくなった」というような工具、資材などの表現には、その土気色に染まった色のままでも大変いい味です。

火曜日は染め上がって、水洗いも乾いたパーツを塗り分けました。

水曜日は丘の斜面の作り直した部分のプラスターを着色したので、小屋の方は休み。

木曜日、いよいよインテリア・パーツの組み込みです。小屋はウッドランド・シーニック社の「シーニック・アクセント・グルー」という、例の「何度も貼り直しできる接着剤(粘着材、といった方が正しい?)」で半固定してありますので、作業は楽です。LEDを点燈し陰影を確かめながら、パーツの配置を決めました。

奥の壁面が空きましたが、「アメリカでこういう作業小屋なら、そりゃーピンナップ・ガールでしょうが!」というわけで、大型ポスター・サイズを貼りました。これで、色彩的に殺風景な小屋の中に、文字通り色気が出ました。

さしものパーツのバラエティーを誇る米国模型界でも、ピンナップ・ガールは市販パーツがありません。これはどうやって作るか、といいますと、『ペントハウス』など成人雑誌の広告ページにある小型の写真をカラー・コピー機で二、三回縮小掛けますと、HOサイズのポスターに適当な大きさになります。これを何段階かの大きさに作っておくと、こうしたときにすぐ使えます。

ここで一度、写真を撮ってみました。最初は、「何か人影を‥」と考えたのですが、所詮は狭い小屋の中。いくつか考え付く人形を立ててみましたが、どうもしっくり来ません。人形が邪魔して、工具や工作台が、何が置いてあるのか判らなくなってしまうのです。

しかし、何も居なければ、それはそれで、何となく間が抜けてしまう。「これは、犬か猫だな‥」

さっそく手持ちの人形ストックを点検しましたが、30年越しストックしてきた猫は、昨年の「船着場」で全部使い切ってしまい、犬はたくさんあるのですが、ひと気の無い不気味さを漂わせたいところには、犬のシルエットは似合いません。猫の、あのしなやかに伸び縮みする姿態が生む不気味さこそ、この丘の上の寂しい作業場に欲しいものです。

「猫と女は化けて出るから、いたぶるな」というのは亡父から小さいころ教え込まれた訓戒です。女に化けて出られたことがあったのでしょうか?「化けて出そうな猫」で行きましょう!

そこで、ウオルサーズのカタログを繰りましたが、改めて見るまでもなく、犬に比べて猫の人形製品は圧倒的に少ないのですね。あっても、オーヴァースケールっぽい。私が長年秘蔵してきたメルテン社の猫詰め合わせは大きさがピッタリだったのですが、どうやら廃版になってしまったようです。

「これは現物に当たるしかないだろう!」ということで、土曜日である本日、「日本一HO人形の揃う店」、巣鴨の「さかつうギャラリー」へ。

しかし、ウッドランドもプライザーも、猫が入っているHO人形セットをすべて点検しましたが、やはり大きい、ドラ猫大将みたいなものばかり。それでは「不気味な雰囲気」は出ません。「ドタバタ漫画」になってしまいます。

私の欲しいのは、いかにも「横切られたら不吉」というような黒猫なのです。(実際、私は自転車での通勤途上にしょっちゅう横切られ、おかげでろくでもない目にばかりあって、その不吉さが骨身に滲みています)

「諦めるか?」と思い始めたところ、ちょうど店に来合わせていた驚異的レーザー・カット・デザイナー「Classic Story」の山川さんが、「これではどうですか?」と示してくれたのが、同じウッドランド製品でもNゲージ用。

猫のNゲージ用となると、もうほとんどゴミ。床に落としたら最後、二度と見つからない、というサイズですが、片手を腹の下に差し込んで持ち上がる程度の「しなやか猫」を1/87にしたらこんなものでしょう。

家に飛んで帰って、さっそく考えていた場所に配置しました。その前に、せっかく中国の工員さんが白黒に塗り分けていた猫を黒一色に‥落語の怪談話「猫定」や「猫怪談」に出てくる、不気味な黒猫。これは江戸言葉では「からす猫」というのだそうですが、その影がポツリと浮き上がることで、飼い主の存在を想像させよう、という趣向です。

レイアウトでの人形の使い方は私の研究テーマの一つですが、最近何となく分かったのは、人形というのはベタにたくさん並べればいいものではなく、密集しているところと、ほとんど人影のないところと、粗密をつけた方が、相互に効果が出るようだ、ということです。この石油採掘所は「あたりに人影が見えないのに巨大なポンプだけが動いている不気味さ」という、カリフォルニアでの印象を再現してみようと思います。

爪の間に挟まりそうな猫ですが、然るべく配置してみると、ちゃんと猫です。視点が変わると物が見える、という点では模型づくりには、やはり仲間が欲しいですね。今日はCS山川さんに「感謝、感謝」の一日でした。
trackback: 0 | comment: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。