07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: --

今日の工作 7月18日 



R0066035.jpg

「レイアウト」というほど大掛かりではありませんが、ちょっとした運転が出来るディスプレイを、古い鉄道模型用語では「パイク」と呼びました。

春以来、作り続けてきた私の新作パイク「クラム・ベイの鉄道桟橋」は、このほど、ほとんど完成しました。

以前の写真と見比べていただくと、フェリーの船べりにまで水が入ったのがお分かりいただけるでしょう。

海水は「高透明エポキシ」という、無色透明、超低粘度で浸透性抜群、効果後の収縮や経年変化無し、という優れものの高級樹脂の流し込みです。

水中には「タマちゃん」を懐かしんで、アザラシを潜らせました。

樹脂としては驚くほど高価ですが、いい味を出すには、材料の吟味が何より基本、という点では工作と料理は共通しています。

これから、水面にさざ波、うねり、波紋をつけていきます。


スポンサーサイト
trackback: 0 | comment: --

今日の工作 No.5 2010年5月9日  

R0064695.jpg

R0064698.jpg


燈台の立つ「クラム・ベイの鉄道桟橋」は地面の下地、道路の着色が一応済み、線路もレールを敷設しました。線路はプラスティックの既製品でなく、バスウッド(シナノキ/リンデンバーム)の角材を染めて並べ、そこへレールを実物同様、犬釘で固定したものです。

枕木の素材の味が出せるのと、「本当に鉄道を建設している」という気分が味わえるので、この手法にこだわっています。

立っている岩は、大好きなモネの、ノルマンディー海岸での連作から取り入れています。

これから、ビーチの砂、岬の積み石、草地の制作へと進みます。
trackback: 0 | comment: --

今日の工作 No.4  2010年4月28日 

R0064635.jpg


作っていた燈台が一応完成しました。それが建つことになる岬の地形も芯を造りました。

米国の燈台は照射室の部分を黒く塗るのが伝統のようです。キットの作例写真でも、メイン州ポートランドの港で見た実物も、そうなっていました。

情景模型というのは、最初のうちは見た目、遅々たる歩みですが、ある段階まで来ると、俄然、日々大きく進みはじめます。

そこまでの辛抱の段階をどれだけきっちりやれるか、で、全体の見栄えが変わってきます。「3匹の子豚」の話に大変似ています。
trackback: 0 | comment: --

レイアウトD&GRN風景 2010.4.15 

R0063783.jpg

レイアウト造りには、「それを写真に写して、絵として楽しむ」という愉快もあります。

近年、小型デジタル・カメラの進歩で、自分の顔が入らない場所にまでカメラが入るようになったので、「造った自分も初めて見るアングル」が写せます。

今日の写真は「場末通り」の一角、路地の中を覗いてみました。ちょっと映画「ウエストサイド・ストーリー」気分を出した、1950-1960年代風景です。
trackback: 0 | comment: --

今日の工作 No.2 2010年4月10日   

R0064513.jpg


昨日、バラバラだったシー・フード・レストランを箱状に組み上げると、こんな状態になります。底を抜いたボートが玄関にアーチに使われて、それらしい雰囲気を出しています。

何で、プラティックできれいに整形されたキットを使わずに、一見頼りない紙や木が素材のキットを手間隙掛けて組み立てるか、といえば、本物の木造建築に必ずある、ゆがみの味が出るからです。

コンピューターで彫刻された金型で注造されたプラスティックの建造物は、建物の図面を立体にしたものであって、本物の縮小ではありません。木造建築の生活感が出てこないのです。「ストラクチャーはなるべく天然素材で‥」そこが私のレイアウト建設でのこだわりの一つです。

キットには入っていませんが、可愛らしい色のカーテンを窓に着けると、レストランらしくなってきます。普段から、そういう可愛らしい色の紙を確保しておくのも、ストラクチャー(建造物)造りの心得です。

屋根はトタン葺きを表現したアルミ箔の型押し材を貼ります。

燈台の方は入口がかたちになってきました。窓枠も入りました。次は、いよいよ、上層部ですね。
trackback: 0 | comment: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。