05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: --

JAMコンベンション出展中 

金曜日から東京・有明「ビッグサイト」で開催されております「JAM 国際鉄道模型コンベンション」に出展中です。
「レイルズアメリカーナ」サイトでも制作の様子をお届けしておりました、拙著『レイアウト・ビルダーズ4』も先週ようやく発売になり、会場でも販売させて頂いております。

コンベンションは明日まで開催しておりますので、是非お立ち寄りくださいませ。

スポンサーサイト
trackback: 0 | comment: --

今週のモデルライフ 2010年12月20日 

_DSC0310.jpg


蒸気機関車の軸配置のうちで, 4-4-0というのは、私にとっては特にそそられるものです。高校生の折、東武鉄道で最後の現役4-4-0の稼動を見ることができたせいもありましょうが、最初にその華麗さを意識して見たのは、ディズニー映画の「機関車大追跡」でした。

この物語は南北戦争のさなかの史実です。南北戦争というのは歴史上初めて鉄道が戦略上の役目を果たした戦争でしたが、南部連邦側のウエスタン・アンド・アトランティック鉄道というのを破壊してアトランタへの補給の動脈を絶とう、と、北軍側がゲリラ部隊を送り込みます。

たまたまある駅に停まっていた「ゼネラル」号という4-4-0の牽引する貨物列車を奪取して、これで鉄橋や電信設備を破壊していこうとするのを。南部側の勇敢な駅員が「テキサス」号という,これも4-4-0で追跡し、ついに北軍側の作戦を半ばで阻止することに成功する、という話で、南北どちら側でも英雄物語として語り継がれていたのを、ディズニーが映画化したものでした。

小学校の2,3年ごろであったか、父がこの映画の封切りに連れて行ってくれて、そのとき初めて大動輪の回転の美しさ、大きく上下するサイド・ロッドの目の覚めるような動き、そしてエアー・ブレーキの無い時代の急停車方法である「逆行停止」=一旦蒸気ブレーキで動輪をロックして滑走させ、すばやく逆転機を倒して動輪を逆方向に空転させ、緊急停止させる、という、ジェット機の逆噴射にも似た、極めて荒っぽい技、の実演を目の当たりにして、たちまち4-4-0の魅力の虜になってしまいました。

あの4-4-0の模型が欲しいものだ、と思っていたところ、しばらくのち、それが米国ではHO製品化されていることを知ったのです。

通った小学校は日本橋の高島屋デパート向かいの「丸善」の真裏でした。「丸善」の中に掛かりつけの歯医者があり、5年生のころ、受験用の補習授業中に予約で通うことになり、そこへ行くついでに1階下の洋書売場で油を売ってくる事を楽しみにしたのですが、ある時見つけた「Model Trains」という雑誌のクリスマス特別号が、クリスマス・プレゼント
用の列車セットのカタログで、そこにあの憧れの「ゼネラル」がオープンデッキの古典客車3輌と共にセットになっているイラストが出ていたのです。マンチュアというメーカーの製品だということも判りましたが、日本には入ってきません。

中学受験の間中、それが欲しくて仕方がなかったのですが、いまのように海外から手軽に物が買える、という時代ではありませんでした。製品はしばらく売っていたのですが、天賞堂などを通じて注文取りができる頃になると、客車の方がウエスタン・アンド・アトランティック鉄道レタリングは絶版になっていなっており、機関車の方はのちにキットで入手したものの、あの特集本のカタログ写真どおりの編成は再現できなくなっていました。

そのうち機関車の方も金型が壊れたのか、絶版になり、客車の方は皮肉な事に車体そのものは連綿と販売は続いていて、もしかすると米国のプラスティック製車輌ではロング・セラーの最高記録ではないか、と思うほど供給が途切れた事がないのですが、レタリングが20世紀にも存続した大鉄道のものばかりに」なって、「ウエスタン・アンド・アトランティック」は全く再生産されないのです。南北戦争の逸話も時の流れとともに忘れられていくのでしょうか?

そんな状態がずっと続いていたのですが、昨年の5月、「ゼネラル」のオリジナルの状態の良いのが、そして今年5月、何とW&Aレタリングの客車が3輌揃って、手に入ったのです!

このところ毎年通っているウエスト・ヴァージニア州のキャス観光鉄道のファン年次大会で、初日の晩に修理工場の中で開かれるフリー・マーケットのことは前にも書きましたが、機関車も客車もそこで見つけました。さすがに南北戦争の地元だけあります。

今年出てきた客車は埃と油煙にまみれてかなりドロドロベトベトの状態でしたが、仔細に点検すると欠けている部分も消えているレタリングも、塗装の傷も無かったので、イの一番に買いました。3輌で15㌦もしませんでした。南部連邦の旗をあしらったシールも3台とも健在です。

「南北戦争」というのは日本の学校が教える「奴隷解放の聖戦」はうわべで、実態は北部工業資本が南部荘園経済に仕掛けた経済侵略、という要素が濃い、と私は見ており、その点では結構、南部贔屓です。

3台の客車は帰国してからJAMコンベンションへの出品作などに追われて、そのままにしていたのですが、先日思い立って分解し、中性洗剤水溶液と古歯ブラシで洗浄してみましたら、見事にオリジナルの色が蘇りました。その車体の黄色と屋根の赤の美しいこと。鉛成分がものをいっているのでしょうが、昔の米国の玩具塗料の堅牢さは大したものですね。窓ガラスも張り替えてきれいにしましたので、窓の中の紙に印刷された乗客のシルエットもくっきりしました。

機関車と客車合わせても35㌦で、全編成でさえ機関車に積み替えたコアレス・モーターの方が高かったのですが、小学生の時の憧れの編成を、半世紀を経てようやく手にすることができ、今年の自分へのクリスマス・プレゼント。「この感動は自分にしか分からないだろう」と、独り悦に入っています。

半世紀以上前に発売された大衆的製品ですが、レイアウトの中に置いてみると、意外にも風格さえあります。結局、模型の美しさって、どこから来るのか、不思議ですね。 

trackback: 0 | comment: --

今日の工作 6月15日 

10061301.jpg

春からずっと造ってきた小さなレイアウト「北ドイツのクリスマス」が、このほど、ほぼ完成の域に達しました。

数年前のクリスマス・シーズンに池袋の東急ハンズで見つけた「動くスケート・リンク」が、玩具ながら、人形のサイズが鉄道模型のHO縮尺の近い、と見たので、即座に購入し、以来、構想を温めてきたものです。リンクを思い思いにすべる子供たちが決してぶつからないのが、この玩具の見所。

「北ドイツの、とある街。軽便鉄道が市街に乗り入れてくる一角の小公園に冬場オープンするスケート・リンク。クリスマスを控え、公園はサンタの姿も登場。染み込むような寒さにもかかわらず、子供たちには一年で一番、心の浮き立つ週末がやってきました。」というストーリーです。

10061302.jpg


蒸気機関車が牽く列車が通りかかり、クリスマス・ソングが流れます。
8月20日から22日まで、有明の国際展示場“ビックサイト”で開催される「日本鉄道模型の会 国際鉄道模型コンベンション」に出品しますので、見にきてやってください。
trackback: 0 | comment: --

日本では間違いだらけー鉄道模型の規格(4) 

90060005.jpg
▲コロラドの3フィート・ナロー・ゲージ


「ナロー・ゲージ」というテーマが「スケール規格」をさらに強固に
戦前の鉄道模型は世界的に、興味の対象がつねにその時代の最新鋭車輛、大幹線の有名列車に向けられ、ローカルなもの、ノスタルジックな車輛はさほど興味の対象になりませんでした。

しかし、1920-1940年代、米国におけるモータリゼーションの急速な発達は、地方交通線として機能していたナロー・ゲージ鉄道(世界標準軌である4フィート8インチ半に対して、3フィートや2フィート、という狭軌鉄道)の急速な衰退,廃線の嵐をもたらしました。

「古きよき時代の鉄道が消えていく!」その哀愁、ノスタルジーが「ナロー・ゲージ」への鉄道ファンの興味を呼びました。

スケール規格による鉄道模型の推進に牽引役を果たしていた『The Model Railroader』誌1941年3月号に、Hugh G. BoutellによるOナローの製作記が発表されるや、この史上最初のナロー・ゲージ・モデルの紹介は大きな反響を呼びました。

続いてこの雑誌の同年9月号にはCarroll WeisによるHOスケールでのナロー・ゲージの自作機関車が紹介される傍ら,各スケールにおける3フィート・ナロー・ゲージに対する規格線路幅が発表され,同じスケールでナロー・ゲージを模型化する場合には、スケール名の脇に小文字の「n」をつけることが提案されました。

たとえばHOスケールの場合には、スタンダード・ゲージ、すなわち世界標準軌を模型化する場合にはゲージは16.5mmとなりますが、線路間3フィートのナロー・ゲージを模型化する場合には、同じ1フィート=3.5mmの縮尺で、ゲージは10.5mmとなり、これを「HOn3」と表示する事になったのです。

Oスケールでも同様に、スタンダード・ゲージを模型化したモデルの表示は「O」、3フィート・ゲージを模型化したものは「On3」と表示することになりました。

ここに米国の鉄道模型界では「ユニ・スケール(単一縮尺)/マルチ・ゲージ(多様ゲージ)の時代が華開き,スケール(縮尺)を単一規格とする「スケール規格」の優位性が圧倒的に認知されたのです。

NMRAがスケール規格の大本山に
米国の鉄道模型界において、『Model Railroader』誌とともに、スケール規格、HO
スケールの普及に推進役となったのは、1935年に創立した「National Model Railroad Association」、通称“NMRA”でした。今年は創立75周年が、発足の地、ミルウォーキーで祝われます。

この協会は、単に鉄道模型の普及とモデラーの親睦のためだけでなく、「スケール規格」の制定と、「スケール」への理解を普及することを目的としていました。

NMRAのいう規格制定は、単に車体の縮尺と線路の幅だけでなく、車輪のバック・ゲージ(車輪の内幅)、ポイントのガード・レール(護輪軌条)の溝幅、車体の建築限界(地上構造物と車体のクリアランス)などまで細かく規格寸法を定めるものです。車輪のバック・ゲージとポイントのガード・レールが各模型メーカーでバラバラに造られていると、車輪はポイントでガード・レールに乗り上げて脱線してしまいます。

残念ながら、日本の鉄道模型メーカーの間には、どのゲージでも、こうした統一規格は現在ありません。車輪のバック・ゲージもポイントのガード・レールもそれぞれのメーカーがバラバラの独自寸法で造っているために、A社製の車輛がB社製のポイントで脱線してしまう、ということがしばしば起きていますが、メーカーはすべて他社のせいにして、統一しようという話し合いは全く行われません。ユーザーもコレクションが主体で、実際に走らせるケースが少ないので、それをほとんど問題にしない⇒だからメーカーは自社の都合を押し通す、の悪循環を繰り返しています。

つまり、「自社の都合」はあっても「全社共通規格」が無いのが、日本の鉄道模型製品なのです。これが、いまに至るも、米国の鉄道模型と日本の鉄道模型の本質的な相違です。
trackback: 0 | comment: --

今日の工作 5月20日 

R0064765.jpg

製作中の北米の鉄道桟橋、護岸のフジツボ、カラスガイの類の表現が出来ました。いわゆる潮間帯の生物、というやつで、これをつけると途端に潮の香りが漂います。船着場一つでも、そこが川なのか海なのか、こういうところで語るわけです。

40年近く前にパリのシー・フード・レストランで初めてムール貝を見たときには、「ゲッ、フランス人はカラスガイまで食うのかよ!」と驚いたものでした。まだ日本には輸入されていませんでした。正確にはムール貝は和名をムラサキイガイというそうで、その後、銀座にこれのスープを食べさせるレストランが出来て、私も大好物になりました。

米国の東海岸の海沿い、河口に近い街のシー・フード・レストランでは、ムールより小粒ですが、同タイプの貝がマスルという名で、やはり酒蒸し、スープ仕立て、潮汁のような感じで出てきます。バルティモアの港で前菜に注文したら、あまりの量の多さに、一々貝殻を外すのが一仕事、メイン・ディッシュ前にくたびれてしまいました。

私のレイアウト造りは空想の世界であると共に、そうした旅の一コマの記憶を託す場所でもあります。

岸壁や海底に、こういう下ごしらえをしておいて、水になる樹脂を流し込むのです。流し込んでしまったらやり直しはきかないので、作業に忘れ物がないか、よく確認しなければなりません。
trackback: 0 | comment: --

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。